メルカリのアカウントが無期限停止となりました。

2016.9.21|メルカリ 学び

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

メルカリをはじめてから、早2年近く。

評価も300以上あったアカウントでした。

 

 

ある日、突然、メルカリ事務局より、無期限のアカウント停止処分を受けました。

 

 

merukari

 

 

 

理由は、手元にない商品(Amazonにある在庫から発送したため)を

購入者に送ってはいけない。

 

 

 

というメルカリのアカウント規約違反ということでした。

別に、無在庫販売をしていたわけでもなく、Amazonで有在庫で保有している自分の商品を

メルカリでも、併売をしていただけなのですが・・・

 

 

 

メルカリは、個人の売買を推奨する、スマホアプリの売買サイトなので

Amazonなどで、商品を1個ではなく複数個を販売しているような、ビジネスで展開している業者は

 

 

 

NGというルールなので、自分の手元にない商品=Amazonの倉庫にあった自社在庫を

Amazonから出荷するという事が、アカウント停止になるような規約違反になる模様です。

 

 

 

全くおかしな話なんですけどね。

 

 

 

お客様は、欲しいものが適切な価格で手に入れば

業者であろうが、個人であろうが、関係ないのですから。

 

 

 

でも、とにもかくにも、メルカリというプラットフォームで、商品を販売する以上は

そのプラットフォームのルールに合わせた出店が、大前提ですから。

 

 

 

なので、メルカリ事務局の言う無期限のアカウント停止措置も、納得はしていないけれど

仕方ないかなと思っています。

 

 

 

僕の場合は、お客さんが、荷物を受取れなくて、不在者通知に、Amazonからの荷物と

メモ書きが運送業者のドライバーから、メモ書きあった事が、発端でした。

 

 

 

メルカリの購入者とのやり取りの中で「本日、外出していたのですが、Amazonからの荷物という」というメモがありましたが、この荷物は、発送いただいた商品でしょうか?

 

 

 

という連絡をメルカリのメッセージのやりとりで、いただいたのです。

 

 

 

この「Amazon」「アマゾン」というキーワードが出てきた時点で、確実にメルカリ事務局はチェックしにきてます。そこで、販売者が、個人での出品ではないと特定された場合、これで1回目は警告がくるか、1発目でいきなりアカウント停止する時もあります。

 

 

 

自分の場合は、1回目は警告でした。

ですが、2回目は、問答無用に、無期限のアカウント停止でした。

 

 

 

お客さんにとっては、別に問題ないと思いますが、メルカリが、NG、アウトといえば

それまでなので、仕方ないですね。

 

 

 

僕は、別にニセモノとか、粗悪品をメルカリで売り逃げしようという訳ではないですし

自社で輸入した商品を、メルカリで売っているだけなので、別に悪いことはしていないですが

 

 

 

在庫の管理を、自宅だと荷物を置ける場所が限られてくるので、

Amazonの倉庫に商品を納めて、その借りている倉庫から、出荷するので

僕らとしては、それは、完全に自社・自己発送レベルなのですから。

 

 

 

ただ、メルカリは、それを許さないというのだから、仕方ありません。。。

僕らは、そのプラットフォームを借りて、ビジネスをしているわけですから。

 

 

 

でも、メルカリのアカウントが停止したからと言って

別にメルカリで今後、物販ができないか?というと、そうでもないです。

 

 

 

メルカリで、アカウント停止したとしても、実はいくらでも復活できるのです。

まさに、ゾンビのように、いくらでも、何回でも復活する方法はあります。

 

 

 

その方法については、また今度、次回の記事でまとめたいと思います。

 

 

 

では、次回の更新までお楽しみにお待ちください。

 

 

ブログランキングに参加中です。

もし、良かったら下記のクリックをお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL