円高で粗利70%の商品がゴロゴロなんですが・・・

2016.5.18|中国輸入

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

僕がまだブラック会社の会社員の頃・・・
在職中に、中国輸入をはじめたのは、2014年9月ごろでした。

 

 

中国元為替レート

 

 

その頃の元レートは、実は今と同じくらいの1元16.8円だったのが・・・

みるみると暴騰して、1元20円になり、その後、元が下落して、これだけ円高になってるわけです。

 

 

そして、気がついたら、元に戻っているという訳です(笑)

 

 

その頃から、ず~っと中国のビジネスパートナーに商品リサーチ、仕入、検品、出荷を
全てお任せしていたので、今だから言えることは、

 

 

 

円安になった時でも、常に利益の出る商品を毎週リサーチし続けてくれたパートナーがいたので
僕には別に、中国輸入を辞める理由はなかったし、パートナーのためにも、発注を継続していたわけですが・・・

 

 

 

今となっては、こうやって円高になって、2014年9月頃のレートに戻ってみると
僕の手元には、パートナーがリサーチし続けてくれた、リピート仕入れできる商品リストが
膨大にある状態になっています。

 

 

 

だって、1元20円の時も、ずっとこちらが指定する条件の利益率の商品リサーチを
パートナーがしてくれていた訳なので、それが、今や1元16.7円だったりするものだから。
利益計算すると、粗利70%以上のとれる商品なんて山ほどある状態なのです。

 

 

 

もちろん、これは粗利ベースですから
最終利益は、30%~40%くらいにはなるとは思いますけど。
まぁ、十分じゃないでしょうか?

 

 

 

正直、仕入できる商品がありすぎて
仕入する資金が足りなくなるくらいです。
なので、先日、信金に相談に行ってきました。

 

 

 

貸出金利  1.8% 500万借入 7年返済

 

 

凄くないですか?この金利。。。

まさにアベノミクス万歳!?と言っても過言ではないと思います。

 

 

こんな素敵な条件の融資での借入です。
最終利益30%以上の物販ビジネスを回すのに、金利1.8%で資金を引っ張って
ビジネスを回せるのですから、こんな美味しい事はありませんよね。

 

 

でも、こういう状態になれたのも
ビジネスパートナーが、円安の時でも、淡々とリサーチを含め
面倒な業務を全てやってくれているからです。
これは本当に感謝ですね。

 

 

今年は、この感謝の気持ちを伝えに、彼らが喜ぶお土産と

僕が飲ませたい日本酒の地酒を抱えて、現地に飛びます。

 

 

そして、今後のこと、これからの事を一緒に語り合ってきます。

国を越えて、また新たに将来の事を語り合って、また次の一歩を

一緒に考えていけたらと思います。

 

 

僕だけの力では、到底、今の状況になかったし

間違いなく、僕の人生は変わったと思う。

 

 

そして、そのご恩をパートナーにこれから少しずつお返しして

また次なる人にバトンを渡していきます。

 

 

そして、僕もそれによって

さらに上のステージに行けるものと信じています。

 

 
 

ブログランキングに参加中です。

もし、良かったら下記のクリックをお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL