Amazon 一本足打法(しか販路がない)のは危険すぎる。

2016.3.6|学び 販売戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

Amazonしか販路がない一本足打法というのは、かなり危険だと。
最近、ますます持って危機感が増しています。

 

 

一本足打法

まさに、王選手の一本足打法は

抜群の安定感ですが、物販事業主にとっては

これは諸刃の剣です。

 

 

と言うのも、理不尽すぎる理由で
いきなりAmazonの全売上金が、1か月の間
入金ストップされたり・・・
■ Amazonアカウント審査!? そして売上金ロック1ヶ月・・・

 

 

国内Amazonのみならず
海外Amazonでも、結構、アカウント停止で
多額の売上金が、長期間に渡りロックされたり

 

 

その他、もろもろ、かなり酷い実体験や
酷い噂を聞くにつけて、Amazonは、ヤクザ過ぎると。

 

 

ますます、Amazon一本足打法 = Amazonしか販路がない
これは、かなり危険であるという事が
わかってきました。

 

 

正直、副業レベルだったら

販路は、Amazonだけというのは、問題ないと思いますが
売上が伸びて、月商数百万レベルになってくると・・・

 

 

こちらが全く意図せず、人為的なミスで
難ありな、商品を販売してしまった事により
その時に、アカウント停止になったり

 

 

アカウント審査で、全売上金が1ヶ月~3ヶ月ロックされるとか
聞けば、聞くほど、恐ろしい事です。

 

 

これは、物販事業主においては、背筋の凍るような話であり
また、一度起きてしまうと、事業停止も辞さない話であります。

 

 

その点において、Amazonは、販売者には相当厳しい対応をするという
ヤクザっぷりの正体が分かってきましたので、ますます持って
Amazon頼りに事業拡大するのは、危険過ぎます。

 

 

という事で、弊社においても
Amazonの次に新たなECサイトの構築を進めます。

 

 

具体的には、Yahooショッピングの構築を水面下で
勧めていますが、正直、かなり使いづらいです(汗)

※ サイト構築ブラウザが、なんとIEだけしか対応していないという。。。

 

 

Amazonがいかに簡単に出品できる凄いシステムなのか?と言うのも
他のECサイトを使い始めると良くわかりますね。
また、今後、Yahooショッピングだけでなく、楽天やQoo10.jpなど
新たなECサイトへの出品を検討中です。
理想としては、売上金を、各ECサイトごとに3分の1以上に
上手く分散するようにしたいですね。
このように販路を分散しておけば、
仮にAmaoznという販路で何かトラブルがあり
突然、Amazonでの売上金がロックされたとしても
他のECサイトでの売上と利益で
カバー出来るので、リスクも抑えられますからね。
昨日も、東京@千住に新しくオープンしたコアワーキングスペースの
オープニングパーティーに参加させていただきましたが、その時に出会った方に

お伺いして、聞いたお話もとても参考になるものでした。

 

 

下記、コアワーキングスペースのサムライズ66をちらっとご紹介させていただきます。

 

 

■ 国道4号線  千住大橋に出来た
コアワーキングスペース サムライズ 66

 

 

facebookページもあります。

利用者は、日本国内・海外の物販事業者やWEB系の方が多く

非常に刺激的です。国道4号線沿いの千住大橋の橋の手前にあり

駐車場もあるので、何かと便利かと思います。

 

 

facebookページもありますので、良かったらどうぞー!

千住大橋コアワーキングスペース サムライズ66

千住大橋コアワーキングスペース サムライズ66

 

 

その時に、ご縁がありました物販事業主の方も
Amazonだけでなく、Yahooショッピング、楽天市場、その他ECサイトなども
出店されているというお話をお聞きして、やっぱり・・・

という感じです。
僕らは、物販事業者として、いち経営者として
事業を継続して成長させていくための、基盤を創らないといけないわけですが

 

 

 

いきなり、人為的なミスで、販路が1つしかなかったが為に
事業継続をすることが不可能になるということは、絶対避けないといけません。

 

 

 

その事業に携わる人が、自分だけなら、まだ良いですが
確実にスタッフや外注業者さんに、ご迷惑をおかけするだけでなく
雇い続ける事は、一瞬にして困難になってしまう訳です。

 

 

 

ですから、Amazonの対応は、正直、厳しいと思いますが
事業としての、もしもを考えると、Amazon一本足打法にする理由はなく。

むしろ、超絶危険であるということわかります。

 

 

という事で、弊社においては
もっぱら、次の販路の構築を早急に進めます。
また、新しいECサイトを構築しながら
そのご報告も出来ればと思います。
では、本日はこの辺で!

 

 

ブログランキングに参加中です。

もし、良かったら下記のクリックをお願い致しますm(__)m

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL